夫婦喧嘩になる6つの主な原因

いくら仲が良い夫婦であっても夫婦喧嘩をしたことがないという夫婦はどこにもいません。
多かれ少なかれ、夫婦喧嘩は結婚生活をする上にずっと付きまとってくる問題なのかもしれません。
誰よりも親密で、お互いのことをよく知ってるからこそぶつかる部分が多いのも事実であります。
しかしながら、夫婦喧嘩になる原因といったものは意外と「大したことでない」事柄の場合が多いのです。
ちょっとしたことで、ちょっとした意見のずれでお互いへの信頼を失ってしまう人達がいるのが現実です。
毎日一緒に暮らしている夫婦は一体どういったことが引き金となって喧嘩をしてしまうのでしょうか。

やっぱりお金にはみんな敏感

なんと言ってもいちばんぶつかってしまう部分は金銭感覚、つまりお金なのです。
夫婦とはいえ、かつては全くの他人であったわけです。
育った環境が違うし、価値観も違います。
当然お金に対する感覚も違いますし、お金を使うところの優先順位も違います。
貯金はどうするのか、生活費はどうするのか、各自にお小遣いの妥当な額はどのくらいなのか
何を優先的に買うべきなのか、人に貸すときはどうするのか、などなどお金に関する意見の違いを
お互いに認めて意見を縮めていくことは思うほど簡単なことではありません。

家事の分担

家というところは家族が暮らす空間であり、共同生活の場とも言えます。
みんなが気持ち良く、心地よく生活するためにこなしていかなければならない
さまざまな家事。これをどう分担してやっていくかも夫婦にとっては永遠のテーマかもしれません。
共働きであっても、そうでないとしてもお互いに望んでる家事の分担量があります。
でも夫も妻も納得、満足して家事を担っていくことは多くの夫婦にとってなかなか難しいことのようです。
もうちょっと手伝って欲しいのに、私は精一杯やっているのに…
家事は毎日のことであるので、ストレスを感じる頻度も当然増えていきます。
ストレスは病気の原因にもなりますが、夫婦喧嘩の原因にもなります。

育児・教育方針

子どもがいる夫婦ならば子どもに対する接し方、ものの教え方なので
喧嘩をした経験が必ずあるはずです。子どもを可愛がって、大事に思っていることには違いがないけれども
実際の可愛がり方、叱り方、教え方、甘やかし方には大きな差がある時もしばしばです。
これは自分が育ったきた環境や親との関係によっても異なってくる部分です。
自分にとっては当たり前で、正しい育児法が相手にとっては理解不能、ありえないことであるかもしれないのです。

両親、親戚との付き合い

男と女が結婚をして夫婦になりました。
その結婚によって両家の親、兄弟同士が親戚になりました。
今までずっと他人として生きてきたわけです。
お互いが好きで、愛し合って親戚になったわけではありません。
夫婦となった男と女との関わりで、ある面仕方なく親戚と呼ばれる立場になったのです。
血がつながった家族間でも難しいことが多々生じてしまう人間関係です。
今までの他人がある日突然親戚となったわけですから
良い関係を保っていくためには相当なエネルギーが必要となってきます。
自分は良かろうと思ってやったことが相手にとっては余計なことだったりする場合もあります。
相手にとっては常識のことが自分にとっては許せない事柄なのかもしれません。
でも義理の親、兄弟に向かって本音を言えることはなかなか勇気が要ることです。
やっぱり不満、本音は夫婦同士で話し合ったり、やり合ったりするようになります。

異性友人

結婚をしたからといって今まで大事にしてきた友達を切る必要はありません。
しかしながら、その友達というのが異性の場合は話がちょっと変わってきます。
人によっては男女間の友情をクールに認めて、自分の夫、もしくは妻に異性の友達がいるとしても
何とも思わない人もいるでしょう。でも割合的にはまだまだ夫や妻の異性友人の存在が気になってしまう、
疑ってしまう人が多いのが事実です。友達なのだからお食事をしたり、映画をみたり、飲みに行ったりすることは
何も怪しいことではありません。でもそれはあくまでも友人が同性だった場合の話です。
夫婦間で異性友人を認めるか、認めないか。
やっぱり夫婦喧嘩の立派な原因のひとつです。

お酒、タバコなどの嗜好品・趣味

夫婦揃ってお酒が好きだったり、タバコを吸ったり、あるいは同じ趣味を持っているとしたら
こういったことでもめることはあまりないかもしれません。でもお互いの嗜好品が違っていたり
趣味が違っていたら、日に日に不満が募っていく可能性は大です。
嗜好品も趣味もお金や時間を費やすことになります。
自分だけのためにそれらを費やすとなるとやっぱり相手にとっては嬉しいことではないのです。
おそらくどうしてもそのようなところにお金も時間も使ってしまうのかと理解もできないでしょう。
案外趣味の違いで喧嘩をしてしまう夫婦は多いようです。

これら以外にも夫婦喧嘩の引き金になることはたくさんあるでしょう。
でも多くの夫婦の間で共通してるのはこの6つのことのようです。